賃貸の不動産投資は

賃貸物件投資の危険性

トップ / 賃貸物件投資の危険性

賃貸収入を見込んでも

大家になって、賃貸収入を見込んでローンを組み分譲マンションを購入する人がいます。確かに将来の事を考えれば少しでも資産を残して安全に暮らしたいと思うことからその衝動にかられるかもしれません。しかし、部屋を貸すためにわざわざローンを組んで他人に貸すというのは極めて危険です。万が一その人が支払い能力がなくなってしまったらどうするのでしょうか。借金の肩代わりをする以上に苦しい生活をしなければならなくなることが目に見えています。賃貸収入のための物件購入をバナーで募集していることが多いですが、よく考えたうえで大家になることを決断しましょう。

ローンで行う不動産投資の実際

賃貸住宅をローンで購入してその家賃収入によって収益を得る、という不動産投資を行う人が増えています。しかしこの場合には、入ってきた家賃収入からその返済を行ってゆくことになるわけですから、当然に家賃収入の総額がローンの返済額よりも大きくなっていなければなりません。もしも、この目論見が外れてしまって、家賃が思うように入らなくなってしまえば返済ができなくなってしまうことになり、場合によっては返済不能となってしまって、破産してしまう、といったことにもなりかねないのが、賃貸住宅による不動産投資の現実なのです。

賃貸バルコニーの情報

© Copyright 賃貸のバルコニーについて. All rights reserved.