賃貸で返還のない礼金

賃貸契約で払う金について

トップ / 賃貸契約で払う金について

賃貸契約の際に払う礼金

地域によって違いますが、賃貸契約時に礼金を支払うことがあります。これは大家さんに謝礼として払っているお金になります。なぜ払うようになったのかはわかりませんが、大家さんの力が強かった時代の名残だといってもよいでしょう。ですから、礼金の必要のない地域もたくさんあります。東京などはまだそういった風習が残っている地域です。ちなみに賃貸経営をしている大家さんはこのお金を不動産屋に紹介料として払うようになっています。結果として大家さんは何も払っていないことになります。このお金を大家さんに払う払わないは、もしかしたら今後は払わないほうが増えてくるかもしれません。

礼金のしくみと近年の状況

礼金とは、不動産の賃貸借契約を結ぶ時に借りる側が貸す側に支払う料金のことをいいます。敷金や保証金などとは異なり、退去時に返還されることはありません。例外として、公営住宅やUR住宅については敷金などしか発生しません。住宅金融公庫から融資を受けて建てられた物件に関しては、もらうこと自体が禁止されているのです。しかし、近年の傾向として、賃貸住宅の増加に伴い空き物件が多数見られるようになったことで、引越しの費用を少しでも抑えたい借りる側のニーズと、空室を少しでも減らしたいという貸す側のニーズに合わせて最初から礼金を受け取らない物件が増加しています。

賃貸バルコニーの情報

© Copyright 賃貸のバルコニーについて. All rights reserved.